私は2年前に中古でマンションを購入しました。
価格の割には床面積もけっこう広く、設備なども比較的キレイで新しいものが使われているのでほぼ満足しているのですが、ただ一箇所だけどうしても気に入らない場所がありました。
それがトイレです。
まず、便座が温水洗浄式ではないということ。
これまで住んでいた社宅では温水洗浄便座が付いていたのでその点で不満に感じました。
それから、便器がいかにも安物といった感があり、はじめて使った時には「便器部分が浅い」と感じたことでした。
跳ね返りがありトイレを使っていて嫌な気分をすることがあります。
便座を温水洗浄式にするだけならば、それ用の便座を購入して取り付ければよいだけなのですが、便器そのもののに問題があったため、思い切って業者さんにお願いしてトイレの改修工事をしてもらいました。
工事内容としてはトイレ設備そのものを省エネタイプの新しいものに変えてもらったのに加えて、壁を汚れの落ちやすい材質のものに変えてもらいました。
その結果、150万円程かかりましたたが、トイレは毎日使うものですから長い目で見れば、快適なトイレが生活にも良い影響を与えてくれると思います。